再入荷!可視光線測定器 PT-500 即納可能、入荷しました。

再入荷!可視光線測定器 PT-500 即納可能、入荷しました。

可視光線透過率測定器 新タイプPT-500 旧タイプPT-50
https://www.filmshop.jp/product/1965

入荷しました。
即納可能です。

 

部品供給が遅れていて、次回の入荷は未定です。
ご購入ご検討のお客様はご相談、お問い合わせください。

 

ベストなお見積りしています。
店舗ごと採用など大量購入、相見積などご相談ください。

 

 

 

 

 

可視光線透過率測定器PT-50 の後継モデル PT-500 になります。

当測定器PT-500又はPT-50 は国内で流通する唯一の可視光線透過率測定器です。
簡易測定器は可視光線透過率測定器ではありません。
可視光線透過率の一部(550nmなど)を測定する測定器
ガラス透過率測定器/ティントメーターになります。

 

当測定器PT-500又はPT-50で測定して可視光線透過率70%以上は間違いなく合法で
施工したフィルムの合法性が確認できます。

 

 

機能、計測内容同じで
小型軽量化により入り組んだガラス・小型ガラスなどの測定が楽に
測定器(投光部/受光部)のワイヤレス化のより大型ガラスなどの測定が可能に
計測器~プリンターのワイヤレス化(Bluetooth)
など

 

JIS(日本産業規格) JIS R3212 「自動車用安全ガラス試験方法」
道路運送車両の保安基準の細目を定める告示【2003.09.26】別添37(窓ガラスの技術基準)
5.9. 可視光線透過率試験 5.9.3.1.2. 直接測定法に基づいた測定が可能です。
5.9.2.に規定する試験装置を用いて、供試体の透過光束と入射光束を測定し、両
者の比を百分率で表した値を可視光線透過率とする。
5.9.2. 試験装置
5.9.2.1. 光源
色温度2,856±50°Kに点灯した白熱電球とする。
5.9.2.2. 受光部
JIS Z8701「XYZ表色系及びX10Y10Z10表色系による色の表示方法」に規定される
XYZ表色系に基づく等色関数y(λ)に対応する感度を有するものを用いる。この場
合において光束の断面の大きさは、20×20㎜以内に収束したものとし、入射の方向
は供試体の面に直角とする。

 

 

PT-50と測定ソースに変更有りません。

 

陸運局・軽自動車検査協会も順次PT-500に変更される予定です。

 

 

(画像を開くとサンプルPDFが表示されます)

 

 

 

関連商品

▪可視光線測定器 PT-50 (最後の在庫ございます)
https://www.filmshop.jp/product/1965
※当面、陸運局・軽自動車検査協会・各県警の取り締まり
使用されると推測します。

 

 

 

 

 

▪可視光線測定器 TINT METER Model2000 TM-2000
https://www.filmshop.jp/product/1329
ローコストの簡易測定器

 

関連記事

 

 

可視光線透過率なぜぶれる?(1) 測定器による違い PT-500 PT-50 TM2000 校正など
https://www.filmshop.jp/news-detail/186

(更新)「フィルム施工車の入庫拒否」 自動車デイーラー様へお願い。
https://www.filmshop.jp/news-detail/184

自動車フィルムの法規制条文 道路運送車両の保安基準29条他(道路運送車両法 道路交通法)
https://www.filmshop.jp/news-detail/197

ゴーストフィルムはなぜ車検に通る
https://www.filmshop.jp/news-detail/209

PT-50 可視光線透過率測定結果証明書作成のお知らせ
https://www.filmshop.jp/news-detail/251

フロントガラス・運転席助手席フロントドアガラスのフィルム施工について
https://www.filmshop.jp/news-detail/170

フロントガラス フロントドアガラス向けフィルム 可視光線透過率単体実測値
https://www.filmshop.jp/news-detail/217